第7回発表会Photo&声

第7回発表会

秋のフルート・オカリナコンサート

2018年10月14日(日)

ホームギャラリー"ステッチ"にて

共演/ピアノ奏者:安川友美さん

 

 

第7回目も、"いつもの"という感じになってきたステッチをお借りして開催しました。

お天気は、雨ではない!むしろ晴れに近い!嬉しい!

 

1-2018.10.14_DSC_5445.jpg 2-18 10 14_7328.JPG

 ハロウィンが近いので、受付にピカピカ光るおもちゃや仮装小物を置いてみたら、お子たちに大人気でした

 

教室の正式なイベントでは初舞台の4歳!お花より背が小さい

フルートはまだ持てないので、プラスチックの横笛"ファイフ"です。

誰の助けも借りず堂々たる演奏、皆が満面の笑顔になります

そのお姉ちゃんも、幼児用フルートでもっと堂々たる演奏!

1-18 10 14_7236.JPG 1-18 10 14_7245.JPG 2-18 10 14_7252.JPG

ファイフも幼児用フルートも卒業した大先輩、普通サイズのフルートにもすっかり慣れましたね

 

中学生になるとしなやかさが加わりますね

3-18 10 14_7259.JPG 1-18 10 14_7262.JPG 2-18 10 14_7271.JPG

大人でも初出演はとっても緊張しているようですが、そんな風には見えませんでしたよ

 

オカリナの生徒さんも、お互いに励まし合いながら、あたたかな演奏でした

1-18 10 14_7285.JPG 3-18 10 14_7278.JPG

 

場数場数が増えてきても、緊張しますよね~。でもやっぱりそんな風には見えません良いことです

2-18 10 14_7286.JPG 1-18 10 14_7297.JPG 2-18 10 14_7301.JPG

 

ベテランさん方は、曲が終わると客席から、"お~"と憧れ交じりの歓声がもれてきます

1-18 10 14_7308.JPG 2-18 10 14_7312.JPG 1-18 10 14_7324.JPG

 

恒例の講師とピアニストによるミニコンサート。

ピアニストの安川先生にもソロをお願いし、会場はうっとり

 1-18 10 14_7332.JPG 1-18 10 14_7373.JPG 2-18 10 14_7344.JPG 1-18 10 14_7389.JPG

 

今回の集合写真 7回目なので、2と5でお隣と足して7!

2-2018.10.14_2.JPG

 

さあ、終演後には、待ちに待ったお茶会ですよ

聴きに来て下さったご家族やお友達にもご参加いただけました

美味しいケーキとお茶で、頑張った自分にご褒美!かんぱ~~い!!

2-2018.10.14_DSC_5453.JPG 1-18 10 14_7390.JPG 

ベテランさんも初めてさんも、同じこの時に同じ舞台に立った仲間。

本番が終わってホッとしたり、ケーキがおいしかったりで、自然に笑顔になっちゃいますね

3-18 10 14_7401.JPG 1-18 10 14_7392.JPG 2-18 10 14_7395.JPG 1-18 10 14_7399.JPG

お子たちもすっかり仲良し

 

最後に安川先生のお言葉に感動してうるうる。次回も頑張るぞ!

2-18 10 14_7455.JPG

 

そうして、無事にお開きとなりました。

(有志で2次会に繰り出し、改めてカンパイしました

 

楽しく有意義な発表会

今回も、アットホームな雰囲気で和やかな、ステキな会となりました

出演者の皆様、ご協力くださったご家族様、聴きにいらしてくださったお客様、

本当にありがとうございました!!

 

***************************************

 

 ♪出演された生徒さんの声

 発表会時にアンケートにお答えいただきました

 

 今回の定めていた目標、本番ではどうでしたか?

  ・楽しく吹く!→できた!(多数)

  ・今度こそ悔いのないように吹く!→少しは満足かな♪(80代女性)

  ・きっとすごく緊張するから、とにかく最後まで演奏すること!→何とか達成できた!(40代女性)

  ・#♭が多い楽譜に慣れること、原曲の雰囲気を出すこと→雰囲気よくできた(40代女性)

  ・トリルを美しく演奏する→当初の想定より良くできた!苦手意識がなくなった!(40代女性)

  ・リズムを正確に刻み、伴奏と合わせること→う~~ん、できたりできなかったり!(50代女性)

  ・音をきれいに出して、強弱に気を付ける→少し音が濁ってしまった(中学生)

  ・ロングトーン時の響きのある音色を曲でも出す、曲想を吟味しふさわしい表現を追及する

   →呼吸をより深くできればより豊かな音になるのかと思う、曲想の一端は表現できた(60代男性)

   ・いつも先生に指導される、明るい音を出すこと→50%でしょうか(50代女性)

 

 他、多数の生徒さんに、多項目にご回答いただきました。

 

生徒のみなさんよりいただいたご感想・ご意見を参考に

今後のレッスンや発表会をもっと充実させていければと思います

ありがとうございました!